最近のイチオシ

平成版『法雲寺縁起』遂に完成 anchor.png

法雲寺縁起, 754.JPG

平成26年秋の執筆開始から約1年半の歳月を掛けて、前住職・廣昭の労作(遺作)「平成版『法雲寺縁起』」が完成しました。
是非とも多くの皆さんに読んで頂ければと思っているところですが、
先ずは、前住職葬儀に参列頂いた皆様にお配りさせて頂き、前住職を偲んで頂ければと願って居ります。
その後、ご希望の方があれば、お分け出来ればと考えている所です。

詳しくはコチラより→寺報・書籍

TopPage

法雲寺は藩公山名氏の菩提寺です。 anchor.png

室町時代、「六分一殿」とよばれ西国十一ヶ国を所領し室町幕府の雄といわれた「山名氏」。
山名禅高, 706.jpg

 その強大な勢力が為に足利将軍を始め周囲から恐れられ、一族内での対立を謀られたり、応仁の乱に引き込まれたりと・・・やがてその権勢も徐々に弱まり、戦国の時代になると、所領する国も但馬・因幡等となりました。
 豊臣秀吉の但馬征伐で出石に本拠を置いた但馬山名氏は滅亡し、因幡山名氏の最後の当主、山名豊国(禅高)は家臣の反対を押し切り、秀吉の前に屈して、辛うじて山名の名を残すことが出来ました。
 江戸時代に入り、徳川の世となると、豊国は但馬国七美(ひつみ)郷の6500石を安堵され、村岡山名として再出発をし、交替寄り合い衆として幕末まで徳川幕府に十数代に渡り仕えました。
 当法雲寺は村岡山名第三代矩豊公が藩都を村岡に移した際に在郷の禅院(妙心寺末「報恩寺」:詳細は不明)を街の中心に据え、鎌倉以来の歴代当主の位牌を祀り、山名氏の総菩提所と定めた事に由来します。

法雲寺周辺図