史料館「山名蔵」

村岡山名初代・山名豊国(禅高)公350年忌を期し法雲寺に代々伝わる山名家縁の文物を保管展示するために昭和45年に設立。
その後、昭和60年に「全国山名氏一族会」が結成され、山名氏縁の方々から各家に伝わる武具・文物が寄せられ、収納スペースも手狭となり、平成3年に現史料館建設。
また、郷土出身の美術品蒐集家「濵田叡観」師の中国陶器を中心とする貴重なコレクションの寄託を受け、徐々に展示品も充実し現在に至る。

現在の山名蔵 


令和元年(2019)秋に外装の修繕工事を実施。

1階・展示室


山名氏所縁の武具や書画を展示。

 2階・展示室

山名蔵のサイト

山名蔵の詳しいことは、下記サイトをご覧ください。

http://www.yamana1zoku.org/