宿根フロックスの苗入手

天皇誕生日の振替休日だった2月24日は、朝から好天で春の到来を思わせるような陽気でした。

宿根フロックス
宿根フロックス、草夾竹桃、花魁草

法雲寺では、夏場を飾る花が少なく、7月~8月頃は「この前までは、○○が咲いてたんですけどね~」と苦しい言い訳してお茶を濁しているのですが・・・
昨年、お盆前のお墓掃除の頃に裏庭で健気に咲いてた花があったので、今年はこれを増やそうと思い苗を少しばかり注文してみました。
その咲いていた花は、和名では「花魁草」(オイランソウ)という艶やかな名の花で、一般に宿根フロックス、又は草夾竹桃(クサキョウチクトウ)と呼ばれる花でした。

その宿根フロックスの苗を少し手にいれたので、良い天気に誘われて少し大きな鉢に植え替えてみました。

冬の間は地上部はかれて根だけになって冬を越すので、ポット苗を見るとこれで春になったら芽が出るのか心配になりますが、少し大きめの鉢に移し変えて、春到来を待ちたいと思います。

48 total views, 8 views today