トップ

法雲寺は藩公山名氏の菩提寺です。

室町時代、「六分一殿」とよばれ西国十一ヶ国を所領し室町幕府の雄といわれた「山名氏」。

 日本全国六十余州の内、十一カ国を領した山名氏ですが、応仁の乱を切っ掛けに徐々に勢力が弱まり、戦国期後半には但馬と因幡のみとなってしまいます。その二カ国も織田・豊臣軍に破られて豊臣の軍門に降ります。
江戸時代には山名禅高の関ヶ原の戦いでの功によって、七美郡6700石を安堵され武家・山名の名を明治まで伝えることが出来ました。

詳しくは・・・「山名氏について」からご覧ください。
当サイトでは法雲寺と山名氏に関する情報を掲載しています。

旧ページへジャンプ

副住職のインスタグラムより

 2,348 total views,  14 views today