弁財天

弁財天の説明

弁財天
技芸の仏様(天部)弁財天

弁財天はインド神話に登場するサラスヴァティという川の女神が仏教に取り入れられて生まれた仏様です。

手には楽器の琵琶を持っていることから財運上昇と技芸上達のご利益があるとして信仰されています。
また弁財天を詠んだ歌に〈無理をせず 理非明白に弁える 人に宝を 恵み与えん〉というには、
「無理やりなことをせず、常日頃から道理にかなうことと、かなわないことを明確に弁える人には宝を恵み与えよう」という意味があります。

 214 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です